コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

営業保険料

1件 の用語解説(営業保険料の意味・用語解説を検索)

保険基礎用語集の解説

営業保険料

表定保険料、または総保険料ともいいます。保険契約者から受取る保険料は、保険金、給付金、満期返戻金の支払にあてるための純保険料部分と、経営上の諸経費にあてるための付加保険料部分から構成されています。この両者を加えたものを営業保険料といい、通常、保険料という場合はこの営業保険料を指します。

出典|みんなの生命保険アドバイザー
保険基礎用語集について | 情報

世界大百科事典内の営業保険料の言及

【保険料】より

…年齢別の死亡率による1年ごとの保険料を自然保険料といい,毎年同額に平準化された保険料を平準保険料という。なお純保険料に付加保険料を加えた保険料を営業保険料という。 損害保険料においても,支払保険金にあてられる純保険料と事業費にあてられる付加保険料とで営業保険料が構成されている。…

※「営業保険料」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone