コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

噴霧化 ふんむか atomization

翻訳|atomization

1件 の用語解説(噴霧化の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

噴霧化
ふんむか
atomization

液の微粒子化をいう。たとえばノズルから噴射された油流は主として空気摩擦と表面張力のためにその周辺から分散が始り,全体が直径2~50μmぐらいの油粒に分裂して霧化される。ディーゼル機関における無気噴射はこの例である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

噴霧化の関連キーワード微粒子現像粉塵日傘効果超微粒子譬え話微粒子ターボファンエンジンドルン効果たとえば、愛たとえば風が

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone