コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分散 ぶんさん

11件 の用語解説(分散の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

分散

データのばらつきを表す値のこと。個々のデータと平均値の差を求め、値をそれぞれ2乗し、それらを合計したものをデータの個数で割ることによって求められる。厳密に言えば、分散には2種類ある。(1) 不偏分散対象となるデータを母集団の標本(母集団から任意に取り出したデータの集まり)とみなして、母集団の分散を求める。データの個数をn、個々のデータをxiとした場合、次の数式で求められる。(2) 標本分散標本自体の分散。次の数式で求められる(数式内の記号は不偏分散と同じ)。なお、表計算ソフトExcelでは、不偏分散をVAR関数で、標本分散をVARP関数で求められる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ぶん‐さん【分散】

[名](スル)
物事がばらばらに分かれ散ること。また、分け散らすこと。「分散して宿泊する」
物理学で、同一媒質中の波の進行速度が、振動数によって変化する現象。光が波長によりスペクトルに分解することなど。
化学で、一つの相になっている物質中に、他の物質が微粒子の状態で散在している現象。
資料の散らばりぐあいを表す値。各値と平均値との差を2乗し、算術平均したもの。分散の正の平方根が標準偏差となる。
江戸時代、借金を返済しえないとき、債権者全部の同意を得て財産の全部を提供し、額に応じて債権者に割り当てて返済すること。現在の破産にあたる。
「明日―にあうても」〈浮・胸算用・一〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

分散

 一群のデータが平均値からどの程度ばらついているかの指標に使われる.平均値から各データの値を引いて,それを二乗し,総和をとり,データの数から1を引いた値で除したもの.平方根をとると平均値からの標準偏差が求められる.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブランド用語集の解説

分散

分散とは偏差自乗和の平均によって得られるデータのばらつきの大きさを示す基本統計量のことをいう。

出典|(株)日本ブランド戦略研究所
(C) 2010 Japan Brand Strategy, Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ぶんさん【分散 variance】

統計学において資料の分布の散らばりの程度を示す量の一つで,そのうちもっとも典型的なもの。離散型の確率変数Xが値xiを取る確率をpiとし,取り得る値の全体はn個(x1,x2,……,xn),μをXの平均としたとき,によって与えられる量が分散である。またXが連続型の分布F(x)に従うときには積分,によって与えられる。一般にはXの分布,平均μは未知であるから,piの代りに度数分布fi/N,平均μの代りに標本平均,を用いて標本分散,を定義し代用することも多い。

ぶんさん【分散 dispersion】

(1)波などの振動に関する物質定数が,振動数によって変わる現象。例えば,光に対する媒質の屈折率が波長によって変化する現象が光分散である。光がプリズムを透過するとき,光の進行方向が波長によって異なるのも光分散現象の一例で,プリズム分光の基本原理となっている。媒質中の光の屈折率と波長との関係は,1835年にA.L.コーシーが弾性波動説に基づき分散式を導出してから多くの研究がなされている。光分散【朝倉 利光】(2)ある均一な物質の中に他の物質が微粒子状になって分布していく現象。

ぶんさん【分散】

江戸時代における破産をさす語。割賦(割符)(わつぷ)ともいう。しばしば〈身代限(しんだいかぎり)〉と混同され,明治初年には両者が制度的に合体するが,江戸幕府法上は,裁判所による強制執行としての〈身代限〉と,債権者・債務者間の契約による〈分散〉とを,明確に区別している。分散には裁判所の介入は必要的でなく,債務者が総債権者もしくは大多数債権者の同意を得て自己の全財産を委付し,債権者はこれを入札売却して,代金を債権額に応じ配分するのである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ぶんさん【分散】

( 名 ) スル
分かれ散らばること。分けて散らすこと。 ↔ 集中 「全員を-して前進させる」
光がプリズムや回折格子などを通過するとき、その波長によって分かれること。一般には、波の速度が振動数によって変化することをいう。
資料の散らばりの度合を表すもの。平均値と各資料値の差(偏差)を2乗し、それを算術平均したもの。分散の数値が小さいほど資料は平均値のまわりに集まっている。標準偏差は分散の正の平方根である。 → 標準偏差
〘化〙 ある物質が、他の均一な物質の中に、または同一物質でも異なった状態になっているものの中に、微粒子状になって一様に散在していること。
江戸時代、破産のこと。債務者の申し出による自己破産をいう。 「 -にあへば、衣類・刃物も皆人手にわたりて/浮世草子・永代蔵 1

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

分散
ぶんさん

現代法における破産手続に相当する江戸時代の法律手続。複数の債権者に債務者財産が分配されるところから,割符と称される場合もある。債務者が競合する債権者全員を満足させる資力を失った場合に,債権,債務者双方の契約により,債務者の全財産を債権者側に交付し,債権額に比例して,これを分配させる手続。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

分散
ぶんさん
dispersion

(1) 波の進む速さが振動数によって異なる現象。日光がプリズムでいくつかの色に分けられるのはこの現象の一例であって,光の色の種類 (振動数により決る) によってガラス中での速さが違えばその屈折率が異なることに起因する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

分散
ぶんさん
variance

統計資料 x1x2,…,xn について,平均値を x=(x1x2+…+xn)/n としたとき,{(x1x)2+(x2x)2+…+(xnx)2}/n を分散または標本分散という。別に,{(x1x)2+(x2x)2+…+(xnx)2}/(n-1) を不偏分散という。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の分散の言及

【確率】より

…そのため一つの数値で分布の特性量を表すことができれば好つごうである。重要な特性量としては,平均値(期待値ともいう)と分散がある。離散形の場合なら平均値mは, で,分散σ2は, で与えられる。…

【散布度】より

…統計データのばらつきの度合を表す量のことを一般に散布度と呼び,分散,標準偏差,不偏分散,平均偏差,データの範囲などがある。もっともよく用いられるのは,分散,標準偏差である。…

【数理統計学】より

…ガウスはまた誤差の分布が正規分布となることを理論的に証明し,分布の型を決める典型的な方法を示した。さらに分散や高次モーメントをはじめ,今日の数理統計学の基礎となるいくつかの概念を導入し,その役割を明らかにした。これらラプラスやガウスの研究には,1763年に公にされたベイズの定理が支えになっており,原因から結果の生ずる確率があらかじめわかっているとき,原因の先験的な確率(事前確率)が与えられたら,結果が知られた後での原因の確率(事後確率)が計算できるという立場をとっている。…

【積率】より

a=0のときは単にr次の積率という。とくに一次の積率を平均値といい,平均値のまわりの二次の積率を分散という。これらをそれぞれs2とかく。…

【ゆらぎ】より

…これがゆらぎである。 ゆらぎの大きさを表すものとして,分散σがある。いまある量Aの平均値をĀで表すことにする。…

【音波】より

…ふつうには音速度は周波数にはよらないが,非常に高い周波数領域では,周波数による音速度の変化が起こる。この現象を分散といい,その周波数付近では音の減衰が非常に大きくなる。これらの現象は,物質構造の解明に利用されている。…

【屈折】より

…すなわち,nIIInII/nIである。屈折率は光の波長の関数(すなわち波長によって異なる)であり,このことを屈折率に分散があるという。方解石など異方性のある物質の中では,偏光方向によって速さの異なる2種の光に分かれる。…

※「分散」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

分散の関連キーワードF分布階級値推測統計学t分布統計学平均偏差推計学散らばす栄養統計学共変数

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

分散の関連情報