コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

回り持(ち) マワリモチ

デジタル大辞泉の解説

まわり‐もち〔まはり‐〕【回り持(ち)】

順番に受け持つこと。輪番。「議長を回り持ちにする」
めぐりめぐって自分のものになること。「金は天下の回り持ち

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

回り持(ち)の関連キーワードミャンマーと東南アジア諸国連合(ASEAN)国際科学オリンピック金は天下の回りものアラブ首脳会議世は回り持ち日弁連会長選国際歯科連盟甲子園の審判回り持ち杉田玄白自身番清華家五摂家世・代回り番村役人金銀国体天下

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android