コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

輪番 リンバン

デジタル大辞泉の解説

りん‐ばん【輪番】

大勢の人が順をきめて交替で事に当たること。まわりもち。まわり番。「輪番で夜警に当たる」「輪番制」
寺役を順番に交替して務めること。また、その役僧浄土真宗では、別院を統轄する役職をいう。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

りんばん【輪番】

大勢の人が順番を決めてかわるがわる事にあたること。まわりもち。 「役員は-制にする」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

輪番の関連キーワードネボイシャ ラドマノヴィッチ全国高等学校総合体育大会モリツ ロイエンベルガー分譲マンションの管理組合名古屋市の2次救急輪番救急告示の医療機関ロータリークラブローテーション高千穂の夜神楽頭屋・当屋常盤 大定北畠 教真美里[町]啓叔宗廸輪番制度天室宗竺華為技術伝外宗左乾英宗単松本白華

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

輪番の関連情報