輪番(読み)リンバン

デジタル大辞泉の解説

りん‐ばん【輪番】

大勢の人が順をきめて交替で事に当たること。まわりもち。まわり番。「輪番で夜警に当たる」「輪番制」
寺役を順番に交替して務めること。また、その役僧浄土真宗では、別院を統轄する役職をいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

りんばん【輪番】

大勢の人が順番を決めてかわるがわる事にあたること。まわりもち。 「役員は-制にする」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

りん‐ばん【輪番】

〘名〙
① 人や団体や機構などがそれぞれまわり持ちで、ある任務・職務を担当すること。まわり番。順番。
※蔭凉軒日録‐永享一一年(1439)四月四日「宝福寺住持、於以後輪番之旨有命」 〔遼史‐営衛志〕
仏家で、順番に交代して寺務を処理する僧。特に浄土真宗で、各地にあって本願寺直属の別院を取り締まる代表管理職の称。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

輪番の関連情報