コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

回線多重化装置 かいせんたじゅうかそうち

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

回線多重化装置

1本の通信回線複数の通信で利用するための装置。高速の通信回線を複数の低速なチャネルに分割して使用することで、複数のデータを同時に転送することを可能にする。マルチプレクサとも呼ぶ。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android