コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

回転ふるい かいてんふるい revolving sieve; trommel

1件 の用語解説(回転ふるいの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

回転ふるい
かいてんふるい
revolving sieve; trommel

鉱石,石炭などを分ける,回転式の円筒ふるい。円筒面を多孔鉄板や金網でつくり,中軸によって回転する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の回転ふるいの言及

【ふるい(篩)】より

…この装置はオランダ国営炭鉱Dutch State Minesの研究所で開発されたため,その名にちなんでDSM screenとも呼ばれ,また原名のシーブベンドsieve bendなどの名でも知られている。
[回転式ふるい機]
 回転式のふるいは回転ふるいrotary screenまたはトロンメルTrommelsiebと呼ばれる。回転ふるいは水平面に対し8~20度程度傾斜した回転軸を中心に回転する,円筒形または六角筒形などの中空回転体をふるい面とするふるい機である。…

※「回転ふるい」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

回転ふるいの関連キーワード回転粘度計トロンメル回転篩竈を分ける事を分ける血を分ける暖簾を分ける篩い分ける理を分ける吹分ける

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone