中軸(読み)チュウジク

デジタル大辞泉の解説

ちゅう‐じく〔‐ヂク〕【中軸】

物の中心を貫く軸。
物事の中心となる大切な事柄。また、そのような人物。「委員会の中軸」「中軸打者」

なか‐じく〔‐ヂク〕【中軸】

歌舞伎俳優の一座における位置を示す語。看板や番付の中央に名前を書き、多くは第三位の者。中筆(なかふで)。ちゅうじく。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちゅうじく【中軸】

物の中心を貫く軸。
活動の中心。また、中心となる人。中核。 「 -打者」 → なかじく

なかじく【中軸】

番付の中ほどに筆太でまたは前後に間隔をおいて名前が書かれる歌舞伎役者。座頭ざがしらに匹敵する技量や家柄の俳優が占める。中筆なかふで。 → 書き出し留め筆

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ちゅう‐じく ‥ヂク【中軸】

〘名〙
① 物の中央を貫く軸。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉一「水岸に臥輪の水車を施し、其中軸より巨を繋ぎて」
② 物事の中心となるたいせつな事柄。また、そのような人物。
※文学・形式問答(1927)〈谷川徹三〉「芸術家が芸術家である限り、彼は芸術家としての活動を中軸とする」
③ 相撲の番付で、幕内の中ほどの位置。
※相撲講話(1919)〈日本青年教育会〉果敢ない力士の栄枯盛衰「力が衰へて負が込めば、大関に手の届きかけた有望力士も忽ち中軸(チウヂク)に下り」

なか‐じく ‥ヂク【中軸】

〘名〙 歌舞伎俳優の一座における位置を示す語。看板、番付の中央に据え、留筆(とめふで)の座頭や、二位の書き出しに匹敵する位置。中筆(なかふで)。ちゅうじく。
※楽屋図会拾遺(1802)上「若女形は矢倉下三まいをよしとする。書始(いちふて)。中(ナカジク)。留筆(とめふで)なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の中軸の言及

【歌舞伎】より

…立者のうち,人品,技量ともすぐれた立役の上位者を〈座頭(ざがしら)〉とし,一座を統率する。この座頭と立女方(最高位の女方),書出し(若手の人気者),中軸(なかじく)(座頭と対等の実力者),客座(長老役者)を特に〈大立者(おおだてもの)〉と呼ぶ。 中通り(ちゆうどおり)役者の階級の一つ。…

※「中軸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中軸の関連情報