金網(読み)かなあみ

日本大百科全書(ニッポニカ)「金網」の解説

金網
かなあみ

金属やその合金の線で編んだ網状の製品の総称。一般に菱形(ひしがた)金網、溶接金網、エキスパンドメタル、亀甲(きっこう)金網など、その形や製法によりそれぞれの名称がある。材料は線材として1.8~5ミリメートル程度のものがあり、これを菱形や亀甲形に編んだり、鋼線を溶接して金網とする。エキスパンドメタルは鋼板に切れ目を入れて引き伸ばしたもので、そのほかにステンレス鋼製、黄銅製などがある。また、これらの網に塩化ビニルを被覆させ、防錆(ぼうせい)効果と美観とを備えたものもあり、これらは住宅用の垣根や、道路の柵(さく)などに用いられている。これらの日本工業規格(JIS(ジス))としては、JIS G 3552菱形金網、JIS G 3551溶接金網、JIS G 3351エキスパンドメタルがある。

[坂田種男]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「金網」の解説

かな‐あみ【金網】

〘名〙
① 針金で編んだ網。針金などで、網の目のように編んだもの。
※寛永刊本江湖集鈔(1633)三「父母を離て出家したは、鳳の金網を離れ、鶴の籠を出た如くぞ」
※わかれ道(1896)〈樋口一葉〉上「随分おもしろいよと話しながら、鉄網(カナアミ)の上へ餠をのせて」
※歌舞伎・有松染相撲浴衣(有馬猫騒動)(1880)五幕「『おや、怖い怖いと思った所へ、風も吹かぬにどうして消えたか、あの鉄網(カナアミ)へ附けに行けばよいけれど』」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

百科事典マイペディア「金網」の解説

金網【かなあみ】

鉄線,銅線,黄銅線などを網状に組成したもの。網目の形,作り方により亀甲(きっこう)・ひし形・クリンプ・溶接・織金網などがある。防虫用,建築用などのほか,製紙・製粉化学工業などでは,ステンレス鋼洋銀,ニッケル製など特殊な金網を使用。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android