コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉱石 こうせき ore

翻訳|ore

7件 の用語解説(鉱石の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鉱石
こうせき
ore

鉱床から採掘,製錬される有用の元素あるいは鉱物の集合体で,鉱業の対象になるもの。通常,鉱石とは金属鉱物鉱石をさすが,現在では,石灰岩,石膏,カオリン,長石など非金属鉱石をもさしている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こう‐せき〔クワウ‐〕【鉱石】

採掘して採算のとれる有用鉱物。また、その集合体。→脈石(みゃくせき)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

鉱石【こうせき】

天然の鉱物集合体で有用鉱物を含み,採掘して採算のとれるもの。通常は金属鉱物の鉱石をさし,硫化物,酸化物,硫酸塩などの形で存在する。有用鉱物のほか脈石呼ばれる不用鉱物を含む。
→関連項目鉱染鉱床

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

岩石学辞典の解説

鉱石

鉱床から利益をもって採掘精錬できる有用元素または有用鉱物が濃集した岩石.鉱石鉱物と脈石の集合体で,有益なものを抽出するための量を産出するものに限定すべきである.ベートマンはこの語を経済的価値のある非金属鉱床には用いるべきではないとしている[Bateman : 1952].鉱石となるかどうかはその時々の経済的,技術的な条件によって変動する.この語は鉱山で採掘されるものの記述に用いられたもので,アングロ─サクソン語(古英語)でorまたはaraは真鍮.ラテン語系ではaes, aerisは青銅の意味.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

こうせき【鉱石 ore】

有価値の鉱物を含有し,その採掘・処理が経済的に成り立ちうるような岩石をいう。鉱石の中には,採取する価値のある鉱物のほかに,採取する価値のない鉱物が混在している。後者は脈石と呼ばれる。これらの鉱物を選別する操作が選鉱である。鉱石は金属の原料となる金属鉱石と金属以外の工業原料として利用しうる非金属鉱石とに大別される。金属鉱石とは,鉄鉱石,銅鉱石,アルミニウム鉱石,鉛・亜鉛鉱,金・銀鉱,ウラン鉱などである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こうせき【鉱石】

有用な金属などを含み、採取することによって利益が得られる鉱物。 → 脈石みやくせき

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鉱石
こうせき
ore

人間生活にとって有用で、経済的価値をもち、かつ技術的に採掘・生産が可能な鉱物あるいは鉱物の集合体のこと。鉱石は、有用元素を含む鉱物などで構成され、経済的に採掘の対象となる。また、有用元素を含有しない脈石鉱物を含む。脈石鉱物は、鉱化作用の過程で生成されるものがほとんどであるが、鉱体に取り込まれた鉱床母岩も地質学的に脈石とよぶこともある。一般に、鉱床中の鉱石のうち脈石鉱物の含有量のほうが多い。多少の鉱石鉱物を含んでいても経済的価値の低いものを「ずり」とよぶ。鉱石の価値は、品位(重量%、ppmなど)で表される。品位は通常、金、銀はg/t(トン当りのグラム数)、銅、鉛、亜鉛などは%、タングステンなどはWO3%のような酸化物の形で表される。品位の低い鉱石は「貧鉱」とよばれる。「貧鉱」が採掘の対象になるか「ずり」として堆積(たいせき)場に廃棄されるかの境界は、実際の操業においては「最低可採(採掘)品位cut-off-grade」を設定することにより決められる。鉱石の「最低可採品位」は、有用元素・鉱物の価格、採掘・運搬・選鉱・製錬・人件費など、社会・経済的要因や技術的要因に左右される。また、時代的および地域的(国別)特殊事情などにも大きく依存する。採掘されたままの鉱石を粗鉱、選鉱されて有用元素が濃集し、その含有率が高くなったものを精鉱という。精鉱は製錬されて地金(じがね)となる。
 鉱石は、金、銀、銅、鉛、亜鉛、鉄などからなる単体や合金、または硫化鉱物、酸化鉱物の金属鉱物を主要構成鉱物とする集合体に対してのみ用いられる用語ではない。石膏(せっこう)、硫黄(いおう)、重晶石、明礬(みょうばん)石、蛍石(ほたるいし)、長石、滑石、石綿、石灰石、ドロマイト(苦灰岩)、花崗(かこう)岩などの非金属鉱物や土石資源用の集合体に対しても鉱石という用語が使用される。鉱石に含まれる有用元素は、硫黄やウランなどの鉱石のように1種類の場合もあるし、金・銀鉱石や銅・鉛・亜鉛鉱石のように同時に2種以上を含むこともある。
 鉱石が採掘される鉱床は、その成因から、マグマ成、熱水成(熱水性)、堆積成、そして変成の四つに大別される。マグマ成鉱床からはクロム、ニッケル、白金族、鉄、チタン、錫(すず)、タングステン、ニオブ、タンタル、ダイヤモンドなどが採掘される。熱水成鉱床からは銅、タングステン、モリブデン、錫、蒼鉛(そうえん)、鉛、亜鉛、鉄、金、銀、水銀、ウラン、マンガン、長石、硫黄、重晶石など多様の元素、鉱物が採掘対象になる。堆積成鉱床からは鉄、銅、マンガン、砂金、砂白金、砂クロム、ウラン、石灰石、ニッケル、コバルトなどの鉱石、そして変成鉱床からは銅、マンガン、黒鉛、石綿、滑石、硫化鉄、珪石(けいせき)などの鉱石が採掘される。[金田博彰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鉱石の関連キーワード階段採掘法鉱体小坂鉱山営利益出し錫石身を以てギブ&テーク充填鉱床利益剰余金

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鉱石の関連情報