コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

固定発生源 こていはっせいげんstationary pollution sources

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

固定発生源
こていはっせいげん
stationary pollution sources

自動車などの移動汚染源に対し,工場,作業場など定地点から大気汚染物,水質汚濁物を出すところ。移動発生源に比べて公害発生源の特定が容易なため,工場単位での諸規制や地域単位での総量規制が実施されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

こていはっせいげん【固定発生源】

工場・発電所・鉱山など、汚染物質の発生源のうち動かないものの総称。 → 移動発生源

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android