国債担保金融(読み)こくさいたんぽきんゆう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国債担保金融
こくさいたんぽきんゆう

証券会社が顧客から預かっている国債を担保としてその顧客に対して融資すること。金融機関の国債窓販をきっかけに,国債の販売における対等条件を確保するため,保護預かりした国債などを担保とする個人向けの公社債担保貸付けが 1983年6月から証券会社に認められた。貸付け方法は,証書貸付け,手形貸付けによるものであるが,85年6月より,極度貸付け方式による国債担保金融が認められた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android