コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国債 こくさいgovernmental bond

知恵蔵の解説

国債

国が財政上の理由から資金を調達するために発行する債券。目的別に分類すると、社会資本整備のための建設国債歳入不足を補うための特例国債(赤字国債)、既存国債の借り換えのための借換国債、財政の一時的な不足を補う政府短期証券などがある。償還期間は最短3カ月の政府短期証券から最長30年の超長期債まで。発行残高は2007年9月末現在で675兆円、GDP比1.3倍に達した。こうした財政事情を反映して国際的にはAA-(ダブルエーマイナス。S&Pスタンダード&プアーズ〉社による格付け)と厳しい格付け評価を受けたが、08年2月現在AA(ダブルエー)まで回復している。なお、個人の資産運用対象として10年変動金利、5年固定金利の個人向け国債が発行され、人気を集めている。

(熊井泰明 証券アナリスト / 2008年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

国債

政府が税収不足の穴埋めなどのために発行する債券。08年度予算では約83兆円の歳入の約3割に当たる約25兆円を国債でまかなう。国債残高は08年度末で約550兆円に達し、財投債を加えると700兆円近くになる。返済期限を迎えた国債の借り換えもあり、年間約130兆円が発行され、東京債券市場などで売買されている。返済期限は6カ月〜40年。国債を買う投資家が増えれば、価格は上がって金利が下がる。売る投資家が増えれば、価格が下がって金利が上がる。

(2008-05-08 朝日新聞 朝刊 政策総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

こく‐さい【国債】

国が発行する債券。法律に基づいて発行され、普通国債財政投融資特別会計国債財投債)に大別される。発行目的別では歳入債繰延債融通債に、償還期限によって短期国債中期国債長期国債超長期国債に、利払い方法によって利付国債割引国債に分類される。短期国債は割引国債、それ以外は利付国債として発行されている。発行方式では、入札によって機関投資家などに販売される市中発行方式、個人を主な対象とする発行方式(個人向け国債新窓販国債)、公的部門発行(日本銀行が借換債を引き受ける日銀乗換など)に大別される。
[補説]国債の価格と利回り(金利)は、価格下落なら金利上昇、価格上昇なら金利下落という関係にあり、通常、景気が後退する場面ではリスクの少ない国債が買われるため、国債の価格上昇、金利下落となることが多い。国債が大量に発行されると、国債価格の下落、長期金利の上昇を招き、企業の借入金利や住宅ローン金利の上昇につながる場合がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

国債【こくさい】

財政上必要な国家の債務をおぎなうために発行する債券をいう。地方債に対する。広義では,郵便貯金,供託金,賠償などの国家による財政以外の諸活動によって生ずる債務(行政または政務国債)も含めるが,一般的には国の発行する債券をさす。
→関連項目永久公債確定利付証券間接金融金銭証券クラウディング・アウト公債公社債公社債投資信託国債引受けシンジケート国民負担率政府保証債ソブリンリスク短期国債中央銀行日本銀行[株]農地証券

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

ワイジェイFX用語集の解説

国債

国庫債券の略。国が資金を取り入れる為に発行する債券の事です。

出典 ワイジェイFX株式会社ワイジェイFX用語集について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こくさい【国債 national debt】

国がその経費をまかなうために行う金銭債務をいう。その場合,国債証券を発行するものを狭義の国債,証券の発行を伴わないものを借入金(年度内に償還する条件のものを一時借入金という)という。なお,国債と地方債を総称して公債という。
【国債の制度】
 国債は償還期限により分類すると,償還期限が1年未満のものを短期国債,1年以上のものを長期国債という。長期国債のうち5年以内の償還期限のものは,一般に中期国債と呼ばれている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こくさい【国債】

国が資金の不足をまかなうために負う金銭債務。国債証券の発行を伴うものを狭義の国債、伴わないものを借入金という。通常は発行した債券そのものをさすことが多い。公債。 〔はじめ中国洋学書で用いられ、幕末頃に洋学書の流入にともない日本に伝わったと考えられる〕 → 債券

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国債
こくさい

公債」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国債
こくさい

国がその経費の調達のために借入れを行うことから生じる金銭債務をいい、借入金、一時借入金、政府短期証券、および償還期限が1年以上の長期国債からなる。しかし通常は、国が債券発行を通じて行う借入れ、または発行された債券そのものをさすことが多い。なお、国債、政府機関債、地方債をあわせて、一般に公債と総称する。[藤野次雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の国債の言及

【銀行】より

…また,海外への資金供給も大きな地位を占めるようになった。より具体的には,政府部門のなかで中央政府・一般会計の赤字が恒常化し,国債発行が行われるようになった。国債発行は1965年度から常態化していたが,75年度以降はその大量発行が定着し,金融システムに多大な影響を与えた。…

※「国債」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

国債の関連キーワード国債市場特別参加者(プライマリー・ディーラー)TTB(Treasury Bills)国債整理基金特別会計借換(かりかえ)債国債市場特別参加者割引短期国庫債券ナショナルボンド国債担保金融銀行券ルール国債償還制度国債管理政策変動利付国債固定利付国債スイープ口座国債依存度新規財源債無期限国債赤字公債建設公債

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国債の関連情報