国忍富神(読み)くにおしとみのかみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

国忍富神 くにおしとみのかみ

古事記」にみえる神。
大国主神(おおくにぬしのかみ)の子孫で父は鳥鳴海神(とりなるみのかみ),母は日名照額田毘道男伊許知邇神(ひなてるぬかたびちおいこちにのかみ)。葦那陀迦神(あしなだかのかみ)(八河江比売(やがわえひめ))をめとり,速甕之多気佐波夜遅奴美神(はやみかのたけさはやじぬみのかみ)をもうけた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android