コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国際刑事裁判所への加入 こくさいけいじさいばんしょへのかにゅう Entry into the International Criminal Court

1件 の用語解説(国際刑事裁判所への加入の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

国際刑事裁判所への加入

2007年7月17日に、国際刑事裁判所は、設立条約採択9周年を迎えたが、その日に、日本は105番目の締約国として、その設立条約に加入した。国際刑事裁判の例としては、ニュルンベルク、極東国際裁判もあるが、近くは、「民族浄化」などの重大な人権侵害を裁くため、国連安保理事会決議により、旧ユーゴスラビアルワンダに、国際軍事法廷が設置された。その後、全世界的規模の「国際刑事裁判所」(ICC)の設立条約が1998年7月17日に採択され、その日は「国際司法の日」(World Day of International Justice)とされた。日本は条約加入とともに、ICCへの捜査協力や容疑者引き渡し手続き等を定めた協力法を制定し、加盟国中最多額となる年間30億円の分担金拠出も決めた。

(宮崎繁樹 明治大学名誉教授 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国際刑事裁判所への加入の関連キーワード控訴国際刑事裁判所国際司法裁判所刑事裁判国際裁判所国際仲裁裁判所司法裁判所民事裁判人道犯罪国際刑事裁判所(ICC)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone