コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国際手形 コクサイテガタ

デジタル大辞泉の解説

こくさい‐てがた【国際手形】

2国以上の間で流通する手形。日本で振り出し、英国で支払われる手形など。→外国為替手形

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の国際手形の言及

【手形】より

…しかし,イギリス,アメリカなどのイギリス法系に属する諸国および第2次世界大戦後独立した諸国は1ヵ国も加盟しておらず,統一法としては決して十分な効果をあげていない。そこで,国際連合国際商取引法委員会は,とりあえず国際取引においてのみ用いられる手形(国際手形)について統一制度を実現するための作業を行い,〈国際為替手形及び国際約束手形に関する条約〉として採択された。 手形制度は多くの法律によって規律され,支えられている。…

※「国際手形」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

国際手形の関連キーワード国際商法がた

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android