コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

圧力マイクロホン あつりょくマイクロホンpressure microphone

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

圧力マイクロホン
あつりょくマイクロホン
pressure microphone

音圧に比例した電気出力をもつマイクロホン。音声を電気信号に変換する原理によって炭素マイクロホン,静電マイクロホン,圧電マイクロホンなどに分類される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の圧力マイクロホンの言及

【マイクロホン】より

…この方法は,振動板には音波による力以外に電気的,機械的な力がほとんど加わらない点が大きな特徴で,高感度化,広帯域化など,より以上の特性改善の可能性をもつものである。
[振動板の駆動方法による分類]
 (1)圧力マイクロホンpressure microphone 音波による力を振動板の前面だけに作用させるものである。音圧に比例した電気出力をもつ。…

※「圧力マイクロホン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

圧力マイクロホンの関連キーワード音圧