コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

圧砕礫岩 あっさいれきがんcrush conglomerate

岩石学辞典の解説

圧砕礫岩

圧砕作用および剪断作用で形成される岩石.もとの岩石の破片を含み,これらは一般に眼球状(phacoidal)またはレンズ状の外形をしている[Lamplugh : 1895, Hill : 1901].摩擦礫岩(friction conglomerate)も同様に構造運動で形成されたもの[Van Hise : 1893, Geikie : 1940].

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android