コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

圧砕礫岩 あっさいれきがんcrush conglomerate

岩石学辞典の解説

圧砕礫岩

圧砕作用および剪断作用で形成される岩石.もとの岩石の破片を含み,これらは一般に眼球状(phacoidal)またはレンズ状の外形をしている[Lamplugh : 1895, Hill : 1901].摩擦礫岩(friction conglomerate)も同様に構造運動で形成されたもの[Van Hise : 1893, Geikie : 1940].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android