外形(読み)がいけい

精選版 日本国語大辞典「外形」の解説

がい‐けい グヮイ‥【外形】

〘名〙 外に見えている形や様子。外見外容
文明論概略(1875)〈福沢諭吉〉一「其外形は現に一国なれども、その内実を探れば不足するもの甚だ多し」 〔陸亀蒙‐青櫺子詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「外形」の解説

がい‐けい〔グワイ‐〕【外形】

外から見た形またはようす。見かけ。外見。「外形はまあまあだが、内部は貧弱だ」
[類語]恰好容姿風采風姿外見外面外貌輪郭格好かたち形状姿すがた姿形すがたかたちなりなりかたち様子身なりなりふり服装風体ふうていスタイル姿勢姿態体勢かた振りポーズ身振り所作しぐさ素振り思わせ振り演技ジェスチャー

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

七夕

旧暦 7月7日の夜に,天の川(→銀河系)の両岸にある牽牛星(ひこぼし。わし座のα星アルタイル)と織女星(おりひめ。こと座のα星ベガ)が年に一度相会するという伝説に基づいて,星をまつる行事。五節供の一つ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android