コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

在宅酸素療法の適応基準 ざいたくさんそりょうほうのてきおうきじゅん

1件 の用語解説(在宅酸素療法の適応基準の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

ざいたくさんそりょうほうのてきおうきじゅん【在宅酸素療法の適応基準】

(1)高度慢性呼吸不全
 病態が安定しており、大気呼吸下で安静時のPaO255mmHg以下の者およびPaO260mmHg以下で睡眠時または運動負荷時に著しい低酸素血症をきたす者であって、医師が在宅酸素療法を必要であると認めた者。
(2)肺高血圧症
(3)チアノーゼ先天性心疾患
(4)慢性心不全
 心機能分類Ⅲ度以上の慢性心不全で、睡眠時チェーン・ストークス呼吸がみられ、無呼吸低呼吸指数が20以上ある。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

在宅酸素療法の適応基準の関連キーワード小児慢性特定疾患MOF病態不安定慢性レスピレーター急性呼吸器症状麻酔指数筋弛緩剤事件HOT

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone