コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肺高血圧症 はいこうけつあつしょうpulmonary hypertension

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

肺高血圧症
はいこうけつあつしょう
pulmonary hypertension

小循環系の高血圧症で,肺動脈圧が異常高価を示す (平均 25mmHg以上) 。本態性 (原発性) と2次性とがある。2次性肺高血圧症は,肺性心,肺塞栓,肺動脈弁狭窄症,心房中隔欠損症,アイゼンメンゲル症候群,僧帽弁疾患,左心房の粘液腫などに合併する。本態性肺高血圧症は,原因不明のきわめてまれな疾患で,20~40歳代の婦人に好発する。症状は呼吸困難,前胸部の不快感や運動時の疼痛,衰弱,疲労感,労作時の失神など。また,右心の拡張肥大,肺動脈硬化,肺動脈圧の著明な上昇などがある。本症の自然経過は比較的短く,5年以内で,現在のところ有効な治療法はない。右心不全に対しては,強心剤と利尿剤が対症的に使用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

はいこうけつあつ‐しょう〔ハイカウケツアツシヤウ〕【肺高血圧症】

心臓から肺に血液を送り出す肺動脈の血圧が異常に高くなる病気。肺の小動脈で血液が流れにくくなっているために起こる。初期は無症状だが、進行すると、息切れ・全身倦怠感・めまい・立ちくらみなどの症状が現れる。肺動脈性肺高血圧症慢性血栓塞栓性肺高血圧症特定疾患に指定されている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

肺高血圧症の関連キーワードアデノイド増殖症(腺様増殖症/アデノイド/咽頭扁桃肥大症)急性死/突然死(ポックリ病)――心臓死を中心としてWHOによる糸球体疾患の分類アイゼンメンジャー症候群肺血流シンチグラフィー在宅酸素療法の適応基準アイゼンメンゲル複合原発性肺高血圧症ボセンタン水和物三尖弁閉鎖不全症混合性結合組織病慢性閉塞性肺疾患心室中隔欠損症大動脈弓欠損症動脈管開存症トラクリア錠在宅酸素療法心原性失神肺機能不全珪肺(症)

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

肺高血圧症の関連情報