コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地球コロナ チキュウコロナ

1件 の用語解説(地球コロナの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ちきゅう‐コロナ〔チキウ‐〕【地球コロナ】

地球大気の最外層が発する大気光。水素による輝線が最も強い。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の地球コロナの言及

【大気光】より

…また,水素のライマン線121.6nm,102.7nmやバルマー線656.3nmおよびヘリウムの輝線も存在する。これらは外圏大気の水素やヘリウムによって太陽光が共鳴散乱され,多重散乱の結果夜側に光が回りこんだもので,特別に地球コロナgeocoronaと呼ぶことがある。夜間大気光の発光高度をみると,高度85kmから100kmを中心に10kmくらいの厚さで存在するもの,いくつかの酸素原子の輝線のように高度200kmから400kmにかけて分布するもの,水素やヘリウムの輝線のように高度500kmから数千kmにかけて広く分布するものに大別される。…

※「地球コロナ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone