コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坊主捲り ボウズメクリ

デジタル大辞泉の解説

ぼうず‐めくり〔バウズ‐〕【坊主×捲り】

百人一首の読み札にかかれた絵を用いてする遊戯。裏返しにつみ重ねた札を各自が順に1枚ずつ取って手もとに置き、坊主の絵を引いたときは手持ちの札をすべて場に出し、姫の札を引いたときは場の札を全部自分のものとし、最後に手もとの札の数の多い者を勝ちとする。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぼうずめくり【坊主捲り】

百人一首の読み札の絵を用いて行う遊戯。百枚の札を裏返しに重ねて座の中央に置き、数人で囲んで一枚ずつめくり持ち札とし、坊主(僧)をめくった者は持ち札を全部場に出し、姫をめくった者は場の札を全部取り、最後に持ち札の多い者を勝ちとするもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android