コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坎児井 カンアルチン

1件 の用語解説(坎児井の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

カンアルチン【坎児井】

中国の新疆(しんきょう)ウイグル自治区トルファン(吐魯番)にある、飲用と潅漑(かんがい)用に造られた地下用水路。◇オアシスを潤す独特なもので、「カレーズ」ともいう。特殊な潅漑システムであり、竪井戸、地下水路、出水口によって構成されている。新疆全体には1600本の坎児井があるが、トルファン地区だけでも総延長5000kmに及ぶ1000本の坎児井がある。世界で最も海から遠い、天山山脈の麓に位置する盆地の中央にある。ほかに有名な見どころは、高昌古城、交河古城、ボズクリク千仏洞、蘇公塔、艾丁湖などである。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の坎児井の言及

【井戸】より

… 集水トンネルの代表は古代ペルシア人が考えだしたイランのカナートである。カナートは西アジアのほか,北アフリカ,中央アジア,イベリア半島,メキシコ,チリなどの乾燥地域で広くみられ,リビア砂漠ではフォガラ,アフガニスタンではカレーズ,中国では坎児井と呼ばれている。これは山麓部で地下水を掘り当てた母井戸の水を,勾配をつけたトンネルで集落や灌漑地まで自然流下で引いてくるものである。…

【カナート】より

…また1926年までテヘランの生活用水は33本のカナートによっていた。カナートはイランから東トルキスタン(新疆)に伝播し(坎児井と呼ばれる),アフガニスタン,西パキスタンにも伝わった。またイラク,シリア,ヨルダン,キプロス,アラビア半島,北アフリカ(フォガラfoggaraと呼ばれる),イベリア半島,東欧諸国,さらにスペイン人によってペルーなど南米にももたらされた。…

【トゥルファン】より

…降雨量が極端に少ないので,天山山脈の雪どけ水を引いてくる水利工事が古くから行われた。漢字で〈坎児井〉と書かれる,カナート(カレーズ)という地下灌漑水路が300あまりも掘られ,近年では15年の歳月をかけて延々と掘られた〈人民大渠〉と呼ばれる運河が雪どけ水をたたえている。また激しい熱風を防ぐために道路の両側などに三重四重に植林した防風林の並木が美しい。…

※「坎児井」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

坎児井の関連キーワード烏塁城焉耆和田回疆哈拉和卓哈密葉爾羌ハミ瓜

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone