新疆(読み)しんきょう(英語表記)Xin-jiang; Hsin-chiang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新疆
しんきょう
Xin-jiang; Hsin-chiang

中国北西部のジュンガル (準 噶爾) 盆地を含む地方の呼称。清の乾隆帝時代に準,回 (中央アジアのモンゴルウイグル) 両部を平定したのち,この地方を「新たに加わった領域」の意味で新疆と名づけた。清代の藩部の一つ。清末のイスラム教徒の反乱を左宗棠が平定したのを機に光緒 10 (1884) 年省制を施行。民国になって第2次世界大戦中の 1944年にウイグル族カザフ族を中心に東トルキスタン共和国が樹立されたが,50年中華人民共和国に加わり,55年新疆ウイグル自治区となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

新疆【しんきょう】

現在の中国北西部,ジュンガリアの盆地(天山北路)とタリム盆地(天山南路)を含む地方。東トルキスタンとも。すでに前6世紀にはタリム盆地には多くのオアシス国家があり,北方には匈奴などがいたが,前2世紀後半,漢の武帝による張騫(ちょうけん)の派遣を機に,この西域は中国と西方を結ぶ接点となった。明代にはオイラート部,カシュガル・ハーン国などが分立していたが,清代初期に北路のジュンガル部,南路の回部が勢力を持つようになった。乾隆帝(在位1735年―1795年)の時代にすべて清に帰服したため,1884年新疆省(新疆は〈新しい土地〉の意)が新設された。その間,ジュンガリアのイリ川流域は一時ロシア領となり(〈イリ条約〉参照),またイスラム教徒ドゥンガンの反乱もあった。中華民国時代の1933年にカシュガルでトルコ系ムスリムによって〈東トルキスタン・イスラム共和国〉が樹立されたが翌年崩壊し,また1944年には伊寧を中心にウイグル,カザフ両民族が〈東トルキスタン共和国〉を樹立した(〈三区革命〉とも呼ぶ)が,1949年中華人民共和国の成立に伴って解散し,1955年現在の新疆ウイグル自治区が発足した。中国は新疆生産建設兵団という準軍事的政府組織を展開し,経済・軍事開発をはじめ行政・司法の全般を担わせた。それにともない,漢族の大量の流入が相次ぎ,漢族との格差問題なども加わり,ウイグル族を中心に分離独立を求める動きが活発化することになった。分離独立を主張する人々は,新疆という呼称を嫌い〈東トルキスタン〉という呼称を用いている。近年,〈東トルキスタンイスラム運動〉の影響力が拡大しているとも言われるが,中国政府は徹底的な統制・弾圧をもって臨んでおり,詳細は不明である。
→関連項目天山山脈ヤークーブ・ベク

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しんきょう シンキャウ【新疆】

中国の北西部を占める新疆ウイグル自治区の旧称。清の乾隆時代中国領となり、一八八四年省が置かれた。中華民国時代には東トルキスタン共和国をたて独立の気運が興ったが、一九五〇年中華人民共和国に吸収され、五五年ウイグル族の自治区となった。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の新疆の言及

【西域】より

…日本では,前者の用法をやや拡大して,東・西トルキスタンないし中央アジアの意味で用いられる場合が多い。中国では,1884年(光緒10)の新疆省の成立以後,東トルキスタンを従来の〈西域〉と並んで〈新疆〉と呼ぶ場合が多い。 歴代の中国王朝にとって西域はまず第1に匈奴に始まる北方遊牧民の活動を牽制するための軍略上の要地であった。…

※「新疆」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

台風一過

台風が通り過ぎたあと、空が晴れ渡りよい天気になること。転じて、騒動が収まり、晴れ晴れとすること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

新疆の関連情報