コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

垂直形状指数 すいちょくけいじょうしすうvertical form index

岩石学辞典の解説

垂直形状指数

リップル・マークの波長振幅の比としてブッチャーが導入した[Bucher : 1919].アレンは波長と振幅をそれぞれコード(chord)と高さ(hight)に置き換えて同じ指数とした[Allen : 1968].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

垂直形状指数の関連キーワードリップル・マーク

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android