振幅(読み)しんぷく(英語表記)amplitude

  • ふりはば

翻訳|amplitude

大辞林 第三版の解説

振動している物体が、静止あるいは釣り合いの位置から最大の変位まで移動する距離。振動の幅の半分。例えば、横波なら山の頂点から谷の底までの距離の半分。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

物体の振動現象において、その振動の大きさを表す値。振動の幅の2分の1である。正弦波の場合、正弦波uを振動数ν、波長λとするとき

となる。この場合、Aが振幅である。ここで、tは時刻、xは位置である。[山本将史]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 物体が振動している時、静止、またはつりあいの位置から最大変位までの距離。振動の幅の半分。〔物理学術語和英仏独対訳字書(1888)〕
※上海(1928‐31)〈横光利一〉二三「彼は突然急激な振幅を身に感じた」
② 気持や考え、物事の傾向などの揺れ幅。
※中野重治論‐なかの・しげはる論(1946)〈荒正人〉「もちろん告白にも『蒲団』から『平凡』にいたる振幅はあった」
〘名〙 (「振幅all>(しんぷく)」の訓読み) =しんぷく(振幅)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の振幅の言及

【振動】より

…またν=1/T=ω/(2π)は1秒間に振動が何回繰り返されるかを示す量で,振動数と呼ばれる。Aはつり合いの位置からの変位ξの最大値を示すもので,振幅と呼ばれる。αはt=0のときのξの値をきめる因子で,その値はおもりがどの位置にあったときから振動が始まったかによって定まる。…

【波動】より


[正弦波]
 波動方程式をみたす関数u(x,t)の中でもっとも簡単でしかも重要なものは,または,の形をもつもので,これを正弦波と呼ぶ。これらの式の中に現れる定数Aを振幅,ωを角振動数,vを位相速度,Tを周期,λを波長と呼ぶ。またω=2π/T,v=λ/Tであって,ν=1/T=ω/2πを振動数または周波数という。…

※「振幅」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ブルーインパルス

航空自衛隊に所属し華麗なアクロバット飛行(展示飛行)を披露する専門チーム。現在のチームは3代目となり、正式名称は宮城県松島基地の第4航空団に所属する「第11飛行隊」。チーム名の「青い衝撃」の意にちなん...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

振幅の関連情報