コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外の重 トノエ

大辞林 第三版の解説

とのえ【外の重】

〔九重ここのえ(=宮城)の外の意〕
宮城の外郭の外。また、そこを守る陣。左・右衛門の陣。 「もののふと言はるる人は天皇すめろきの神の御門に-に立ち候さもらひ内の重に仕へ奉りて/万葉集 443」 → 内の重中の重

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

外の重の関連キーワード日本記者クラブ(にっぽんきしゃくらぶ)非貿易的関心事項(NTC)フィッショントラックケプラー運動トラークルもののふ伊藤博文モスクワ国民投票斜開銅鉱靭帯損傷自然水銀感受点特派員手相重水元老商社

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android