官人(読み)かんにん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

官人
かんにん

令制の官吏の総称。狭義には太政官各省などに勤仕する初位以上六位以下のもの,六衛府の尉,将監以下のもの,院庁の公文,院掌などをさす。また,国司制における在庁官人や太政官に属した保官人をいうこともある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かん‐じん〔クワン‐〕【官人】

かんにん(官人)1

かん‐にん〔クワン‐〕【官人】

官吏。役人。かんじん。
「ある国の祗承(しぞう)の―の妻(め)にて」〈伊勢・六〇〉
律令制で、太政官・各省・寮司などの、初位以上六位以下の役人の称。
平安時代、位の低い役人。特に、近衛府の将監以下の称。
検非違使(けびいし)庁の役人。

つかさ‐びと【官人】

官職にある人。官吏。役人。
「―より始めて、諸々の民に至るまで」〈東関紀行

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かんじん【官人】

かんにん【官人】

官吏。役人。かんじん。
律令制で、諸司の主典さかん以上六位以下の役人の総称。
平安時代、六衛府など諸司の判官じよう以下の、比較的下級の官吏。特に、近衛府の将監以下の称。かんじん。

つかさびと【官人】

官職にある人。役人。官吏。かんにん。 「 -より初めてもろもろの民にいたるまで/東関紀行」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かん‐じん クヮン‥【官人】

※閑耳目(1908)〈渋川玄耳〉均霑論と均損論「理に明るい許りで策に迂なるは官人(クヮンジン)の通弊」

かん‐にん クヮン‥【官人】

〘名〙
① 官吏。役人。
※万葉(8C後)一六・三八三七・左注「于時府家備設酒食宴府官人等
※伊勢物語(10C前)六〇「ある国の祗承の官人の妻にてなむあるとききて」
② 諸司の主典(さかん)以上の役人。
※令義解(718)選叙「凡官人至任。若無印文者。不受代
近衛将監以下および院司の庁官などの総称。
※宇津保(970‐999頃)吹上上「さ左の司のくん人。もののふしどもの中にも選びてなむ罷り下りて侍りし」
検非違使庁の佐と尉の役人。
※政事要略(1002頃)六一「案。式已上二条。右衛門府准此者。弘衛式云。凡撿挍右京非違者。官人一人。府生一人」

つかさ‐びと【官人】

〘名〙
官職にある人。朝廷につかえている役人。官吏。役人。つかさ。かんにん。
※延喜式(927)祝詞(九条家本訓)「主等・臣等・百(ももち)の官人(ツカサヒト)
② 宦官(かんがん)の異称。
※今昔(1120頃か)九「帝、亦、太子に枉誅(わうちうせら)れて、亦、閹の人、宗愛が為に被れぬ」
※観智院本名義抄(1241)「閹 ツカサ人 フクリトリヒク」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の官人の言及

【所司】より

…古代,中世の官司・官人の一つ。(1)奈良・平安時代に,ある事柄を担当する官司,あるいは官人の意味で用いられた言葉。…

※「官人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

官人の関連情報