外郭(読み)ガイカク

  • がいかく〔グワイクワク〕
  • そとぐるわ
  • とぐるわ
  • 外▽郭
  • 外郭/外×廓

デジタル大辞泉の解説

城や建物の周囲にめぐらす囲い。そとがこい。そとぐるわ。転じて一般に、そとまわり、外側のもの。⇔内郭
城の外周に巡らしたくるわ。がいかく。とぐるわ。→内郭(うちぐるわ)
外側の囲い。また、外まわりの区画。がいかく。
「最後の球を打つ為に、―の線の一角に立った」〈藤村破戒

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 城の最も外にめぐらした囲い。そとぐるわ。
※浄瑠璃・国性爺合戦(1715)五「南京城のとくるはの大木戸たたいて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android