コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外交公電 ガイコウコウデン

デジタル大辞泉の解説

がいこう‐こうでん〔グワイカウ‐〕【外交公電】

外務当局と在外公館、または在外公館どうしの間で電信によってやり取りされる公式の文書。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

外交公電

各国の外務省(米国では国務省)と各地の大使館など在外公館や、在外公館同士が交わす公文書。電報の形式でやりとりされることから「公電」と呼ぶ。英語では「diplomaticcable(ディプロマティック・ケーブル)」。外交交渉の記録、外交官が任地の政治家や官僚といった接触相手から得た情報や、その分析などが記されており、国が外交政策を決める際の重要な材料となる。米国の公電は、秘密度の高い順に「トップシークレット(最高機密)」「シークレット(極秘)」「コンフィデンシャル(秘)」「アンクラシファイド(機密扱いしない)」に分類される。ウィキリークスが入手した公電に「トップシークレット」は含まれていなかった。

(2011-06-30 朝日新聞 朝刊 東特集B)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

外交公電の関連キーワードウィキリークスの米公電公表SIPRNetアノニマス

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

外交公電の関連情報