コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外交公電 ガイコウコウデン

2件 の用語解説(外交公電の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

がいこう‐こうでん〔グワイカウ‐〕【外交公電】

外務当局と在外公館、または在外公館どうしの間で電信によってやり取りされる公式の文書。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

外交公電

各国の外務省(米国では国務省)と各地の大使館など在外公館や、在外公館同士が交わす公文書。電報の形式でやりとりされることから「公電」と呼ぶ。英語では「diplomaticcable(ディプロマティック・ケーブル)」。外交交渉の記録、外交官が任地の政治家や官僚といった接触相手から得た情報や、その分析などが記されており、国が外交政策を決める際の重要な材料となる。米国の公電は、秘密度の高い順に「トップシークレット(最高機密)」「シークレット(極秘)」「コンフィデンシャル(秘)」「アンクラシファイド(機密扱いしない)」に分類される。ウィキリークスが入手した公電に「トップシークレット」は含まれていなかった。

(2011-06-30 朝日新聞 朝刊 東特集B)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

外交公電の関連キーワード在外公館エマーソン外務卿外務大臣国務省国務長官IIP外務省報償費外務省機密漏洩(ろうえい)事件谷正之

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

外交公電の関連情報