コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外患援助罪 ガイカンエンジョザイ

1件 の用語解説(外患援助罪の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

がいかんえんじょ‐ざい〔グワイクワンヱンジヨ‐〕【外患援助罪】

外国から武力行使されたときに、その国の軍に参加したり協力したりする罪。刑法第82条が禁じ、死刑または無期、もしくは2年以上の懲役に処せられる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の外患援助罪の言及

【外患罪】より

…現行刑法は,外患誘致罪――外国政府と通謀して日本に対して武力の行使を行わせた罪(81条。刑は死刑),外患援助罪――外国から武力の行使が行われたときそれに加担して軍事上の利益を与えた罪(82条。刑は死刑または無期もしくは2年以上の懲役),それらの罪の未遂罪(87条)および予備,陰謀罪(88条)のみを規定する。…

※「外患援助罪」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone