外国(読み)ガイコク

デジタル大辞泉 「外国」の意味・読み・例文・類語

がい‐こく〔グワイ‐〕【外国】

自分の国ではない、よその国。
[類語]他国異国異邦外邦他邦異朝異境異郷異土外地海外海彼かいひつ国他郷

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「外国」の意味・読み・例文・類語

と‐つ‐くに【外国】

  1. 〘 名詞 〙 ( 「つ」は「の」の意の古い格助詞 )
  2. 都を遠く離れた国。都を中心とする畿内以外の諸国畿外(きがい)。⇔うちつくに
    1. [初出の実例]「蝦夷(えみし)は是(これ)(もと)より獣(あやし)き心有て中国(うちつくに)に住(す)ましめ難(かた)し故(かれ)(そ)情願(こころのちかひ)の随(まにまに)邦幾(トツクニ)の外(ほか)に班(はむへ)らしめよ」(出典日本書紀(720)景行五一年八月(北野本訓))
  3. 日本以外の国。がいこく。異国。⇔うちつくに
    1. [初出の実例]「白妙の長裳すそひく外国(トツクニ)少女にあへり滝のへにして」(出典:左千夫歌集(1920)〈伊藤左千夫〉明治三三年)

がい‐こくグヮイ‥【外国】

  1. 〘 名詞 〙 自分の国でない他の国家。その国の主権の及ばない国。異国。とつくに。外邦。
    1. [初出の実例]「凡諸王時服用官符外国者。仰本司其歴名帳」(出典:延喜式(927)一一)
    2. [その他の文献]〔史記‐平津侯主父偃伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

山川 日本史小辞典 改訂新版 「外国」の解説

外国
げこく

畿外諸国のこと。律令規定では畿内と畿外の間に多くの制度上の相違が設けられている。調庸負担が異なったり,位階のうえでも外国の人には外位が授けられたことなど,一般的には畿内地域が優遇された。

出典 山川出版社「山川 日本史小辞典 改訂新版」山川 日本史小辞典 改訂新版について 情報

普及版 字通 「外国」の読み・字形・画数・意味

【外国】がいこく

他国。

字通「外」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android