外国(読み)とつくに

精選版 日本国語大辞典「外国」の解説

と‐つ‐くに【外国】

〘名〙 (「つ」は「の」の意の古い格助詞)
① 都を遠く離れた国。都を中心とする畿内以の諸国。畿外(きがい)。⇔うちつくに
※書紀(720)景行五一年八月(北野本訓)「蝦夷(えみし)は是(これ)(もと)より獣(あやし)き心有て中国(うちつくに)に住(す)ましめ難(かた)し故(かれ)(そ)の情願(こころのちかひ)の随(まにまに)邦幾(トツクニ)の外(ほか)に班(はむへ)らしめよ」
② 日本以外の国。がいこく。異国。⇔うちつくに
※左千夫歌集(1920)〈伊藤左千夫〉明治三三年「白妙の長裳すそひく外国(トツクニ)の少女にあへり滝のへにして」

がい‐こく グヮイ‥【外国】

〘名〙 自分の国でない他の国家。その国の主権の及ばない国。異国。とつくに。外邦。
※延喜式(927)一一「凡諸王時服用官符外国者。仰本司其歴名帳」 〔史記‐平津侯主父偃伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「外国」の解説

がい‐こく〔グワイ‐〕【外国】

自分の国ではない、よその国。
[類語]他国異国異邦外邦他邦異朝異境異郷異土外地海外海彼かいひつ国他郷

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「外国」の解説

【外国】がいこく

他国。

字通「外」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android