外国(読み)とつくに

精選版 日本国語大辞典「外国」の解説

と‐つ‐くに【外国】

〘名〙 (「つ」は「の」の意の古い格助詞)
① 都を遠く離れた国。都を中心とする畿内以の諸国。畿外(きがい)。⇔うちつくに
※書紀(720)景行五一年八月(北野本訓)「蝦夷(えみし)は是(これ)(もと)より獣(あやし)き心有て中国(うちつくに)に住(す)ましめ難(かた)し故(かれ)(そ)の情願(こころのちかひ)の随(まにまに)邦幾(トツクニ)の外(ほか)に班(はむへ)らしめよ」
② 日本以外の国。がいこく。異国。⇔うちつくに
※左千夫歌集(1920)〈伊藤左千夫〉明治三三年「白妙の長裳すそひく外国(トツクニ)の少女にあへり滝のへにして」

がい‐こく グヮイ‥【外国】

〘名〙 自分の国でない他の国家。その国の主権の及ばない国。異国。とつくに。外邦。
※延喜式(927)一一「凡諸王時服用官符外国者。仰本司其歴名帳」 〔史記‐平津侯主父偃伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

七夕

旧暦 7月7日の夜に,天の川(→銀河系)の両岸にある牽牛星(ひこぼし。わし座のα星アルタイル)と織女星(おりひめ。こと座のα星ベガ)が年に一度相会するという伝説に基づいて,星をまつる行事。五節供の一つ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android