コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外眼筋 がいがんきん

大辞林 第三版の解説

がいがんきん【外眼筋】

眼の周囲にあって眼球と眼瞼の運動にたずさわる筋肉の総称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の外眼筋の言及

【眼筋】より

…眼球の内外につく筋肉で,眼球の動きを支配する外眼筋と,瞳孔運動と調節を営む内眼筋に大別される。
[外眼筋external ocular muscle]
 長さ40~60mm,幅約10mmの小さな横紋筋で,外直筋(外側直筋ともいう),内直筋(内側直筋ともいう),上直筋,下直筋の四つの直筋と,下斜筋,上斜筋の二つの斜筋からなる。…

【筋肉】より

…表情筋のおもなものとしては,目の周りをとりまいて輪状に走る眼輪筋や,口の周りを走る口輪筋があり,その収縮によって目や口を閉じる。また口角には多くの筋肉が放射状に集まり,これらの収縮によって口を開ける(目を開ける,すなわち上眼瞼を挙上するのは外眼筋の働きで,表情筋ではない)。口角からほおの皮膚にのびる小さい筋肉は笑筋で,その収縮によってほおの皮膚を引いて,いわゆる〈えくぼ〉をつくる(しかし,えくぼの成因に関しては,そのほかの要素も関係している)。…

※「外眼筋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

外眼筋の関連キーワード脳、脊髄、神経のしくみとはたらきギラン‐バレー症候群頸動脈・海綿静脈洞瘻目のしくみとはたらきミトコンドリア脳筋症糖尿病性神経障害先天性眼瞼下垂前庭動眼反射眼窩眼筋炎眼球運動目の外傷眼筋まひ三叉神経目(め)水頭症眼球眼科総称筋肉眼窩

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android