コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外花被 がいかひ

世界大百科事典内の外花被の言及

【花】より

…花は外側から萼片の集まった,花弁の集まった花冠,有性生殖に直接関係しているおしべめしべ,さらにこれらがついている花托receptacleからなっている(図1)。萼と花冠は花被perianthと総称され,チューリップのように,両者の間に形態学的違いがない場合には,萼は外花被,花冠は内花被と呼ぶ。萼は若い時期にはしっかり閉じ合わさって,その内側の部分を保護している。…

※「外花被」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

外花被の関連キーワードゴクラクチョウカ(極楽鳥花)ショウジョウバカマ(猩々袴)ハクサンチドリ(白山千鳥)ムラサキオモト(紫万年青)ムラサキツユクサ(紫露草)オニノヤガラ(鬼の矢柄)サジオモダカ(匙面高)キヌガサソウ(衣笠草)ヘラオモダカ(篦面高)エンレイソウ(延齢草)キショウブ(黄菖蒲)ジョウロウホトトギスクルマバツクバネソウヒナノシャクジョウタヌキノショクダイタマガワホトトギススイセン(水仙)カキラン(柿蘭)スナヅル(砂蔓)スノードロップ

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android