コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花被 かひ perianth

翻訳|perianth

5件 の用語解説(花被の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

花被
かひ
perianth

花の構成要素のうち,花冠を総称していう。めしべとおしべを囲む花葉 (裸花葉) で,生殖に不可欠の器官ではない。ドクダミのようにこれを欠くものもある。萼と花冠の区別がはっきりした花,すなわち花被が萼片と花弁とに分化した花を異花被花といい,チューリップなどのように区別のないものを同花被花という。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

か‐ひ〔クワ‐〕【花被】

萼(がく)花びらの総称。また、その区別がつかないときの両者の呼称で、チューリップヤマユリなどにみられる。コケ植物では、造卵器を保護する袋状の器官をいう。花蓋(かがい)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

花被【かひ】

花の萼片(がくへん)と花弁の総称。花被が内外2輪に区別される場合,外側の外花被を萼片,内側の内花被を花弁という(アヤメなど)。広義には,花被はおしべ,めしべ以外の直接生殖作用を営まない付属器官とも定義され,この場合,萼,花弁の区別のはっきりした花を異花被花,区別のない花を同花被花という。
→関連項目花弁

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

かひ【花被】

一般に、花冠と萼がくの区別がない場合、両者を一括した呼称。広義には、花冠と萼の総称。雌しべ・雄しべを取り囲み保護している部分。花蓋かがい

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

花被
かひ

被子植物の花の構成要素でもっとも外側にある部分をいう。生殖作用に直接には関係せず、内部にある雌しべ雄しべの保護や、花粉を媒介するための昆虫誘引などの役目をもつ。花被の発達、分化の程度は植物の群によって違いがある。花被のない無花被花センリョウ科ドクダミ科ヤナギ科などにみられ、原始的とみる意見と、反対に二次的に退化したとみる意見とがある。一般に風媒花では花被の発達は悪い。花被が一重の単花被花は原始的と考えられ、ブナ科やクルミ科のように花被の発達の悪いものや、キンポウゲ科イチリンソウ属のようによく発達して花弁状となるものなどがある。花被が内外2輪に分化した重花被花には、ユリ科、アヤメ科のように外輪・内輪にあまり大きな差のない同花被花と、萼(がく)と花冠(かかん)に分化した異花被花とがある。異花被花はもっとも進化した状態で、多くの双子葉植物にみられる。花被を構成している花葉(かよう)は花被片とよばれる。
 裸子植物のグネツム綱で、胚珠(はいしゅ)や雄しべを取り囲む器官も花被とよばれる。[田村道夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の花被の言及

【花冠】より

…花弁が集まってつくる花のうち最も目につく部分。花葉(花を形づくる花軸以外のすべての器官)のうち裸葉性のもの(おしべと心皮を除く部分)を花被というが,花被が2層に分かれ,外花被と内花被が形態的に顕著な差を示すとき,前者を萼片,後者を花弁という。花被の集合,また萼が区別できるときには花弁の集合を花冠という。…

【萼】より

…一般に緑色,形は多少葉に似ていて,花弁より強く,主な働きは,つぼみの時期に花全体を包み,内部を保護することである。萼片と花弁は合わせて花被perianthと総称されるが,花被が2層に分化し形態的に顕著な差を示すときに,外花被を萼片,内花被を花弁と呼ぶのである。アジサイなどでは,外花被が発達し花弁状となるが,このような場合も萼と呼んでいる。…

【花】より

…花は外側から萼片の集まった,花弁の集まった花冠,有性生殖に直接関係しているおしべめしべ,さらにこれらがついている花托receptacleからなっている(図1)。萼と花冠は花被perianthと総称され,チューリップのように,両者の間に形態学的違いがない場合には,萼は外花被,花冠は内花被と呼ぶ。萼は若い時期にはしっかり閉じ合わさって,その内側の部分を保護している。…

※「花被」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

花被の関連キーワード演算装置制御装置ブランド要素意義符回路素子語素モジュラー製品の構成要素賃金構成要素三構成要素説

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

花被の関連情報