コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外骨腫症 がいこつしゅしょうexostosis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

外骨腫症
がいこつしゅしょう
exostosis

単に外骨腫ともいう。主として長管骨にきのこ状に発育する骨性の腫瘤で,表面には軟骨性の組織が存在する。良性骨腫瘍中,最も発生頻度の高いもので,10歳代に好発する。単発性と多発性があり,多発性のなかには遺伝性を有するものもある。痛みや関節機能障害があれば外科的に手術する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

外骨腫症の関連情報