コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多層式カラーフィルム たそうしきカラーフィルムmultilayer colour film

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

多層式カラーフィルム
たそうしきカラーフィルム
multilayer colour film

現在のカラー写真に使われるフィルムで,三原色のそれぞれに感じる3種の乳剤層を1枚のフィルムベース上に重ねて塗ったものをいう。たとえば撮影用カラーフィルムは,フィルムベースを基盤としてその上に下引層を塗り,続いて赤感性乳剤,緑感性乳剤,黄フィルタ層,青感性乳剤を塗って,その上に保護層を塗るが,さらに各乳剤層は2~3層に分かれ,その厚さは2μmぐらいで,全体の塗布厚は 15~30μmとする。この多層式カラーフィルムによって,普通のカメラでも1回の露光で色彩写真の撮影ができるようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

多層式カラーフィルムの関連キーワード赤外カラー写真発色剤

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android