多層式カラーフィルム(読み)たそうしきカラーフィルム(英語表記)multilayer colour film

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

多層式カラーフィルム
たそうしきカラーフィルム
multilayer colour film

現在のカラー写真に使われるフィルムで,三原色のそれぞれに感じる3種の乳剤層を1枚のフィルムベース上に重ねて塗ったものをいう。たとえば撮影用カラーフィルムは,フィルムベースを基盤としてその上に下引層を塗り,続いて赤感性乳剤,緑感性乳剤,黄フィルタ層,青感性乳剤を塗って,その上に保護層を塗るが,さらに各乳剤層は2~3層に分かれ,その厚さは2μmぐらいで,全体の塗布厚は 15~30μmとする。この多層式カラーフィルムによって,普通のカメラでも1回の露光で色彩写真の撮影ができるようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android