露光(読み)ロコウ

  • ろこう ‥クヮウ
  • ろこう〔クワウ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① つゆの光。
※黄葉夕陽邨舎詩‐遺稿(1832)四・江村秋事「鯉魚風冷寂村荘、沙路無人浥露光」 〔江総‐答王筠早朝守建陽門開詩〕
② 写真で、レンズからはいる光を、シャッターが開いている時間だけ感光材料に当てること。露出。〔写真百科大辞典(1933)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の露光の言及

【露出】より

…一般写真撮影では露出条件を決めるには被写体からカメラレンズに入射する光量を光電式露出計で測って決めるが,近代の小型カメラではカメラに露出計が組み込まれて自動的に露出条件が設定されるものが多い。厳密には露出の操作によって写真感光材料の感光面が光で照射されることを露光というが,露光と露出の用語は厳密に区別しないで使われることが多い。【友田 冝忠】。…

【露出計】より

…写真フィルムに適正露光を与えるために被写体の輝度あるいは被写体の照度を測定する計器。特殊な例外を除いて光電変換器を用い,近年はカメラに内蔵されることが一般的である。…

※「露光」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

医食同源

病気を治療するのも日常の食事をするのも、ともに生命を養い健康を保つために欠くことができないもので、源は同じだという考え。[補説]古くから中国にある、体によい食材を日常的に食べて健康を保てば、特に薬など...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

露光の関連情報