基盤(読み)きばん

精選版 日本国語大辞典「基盤」の解説

き‐ばん【基盤】

〘名〙 おおもとになる物事。基礎。土台
※「細雪」の世界(1949)〈浅見淵〉「作者自身の執筆当時の心境を基盤にした、風流、趣味、好みなどといったものに執して」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

岩石学辞典「基盤」の解説

基盤

基岩(bedrock)と同義.しかし基岩と多少異なった意味に用いる場合があり,漂砂鉱床を含む砂礫層が乗る古い岩盤をいう[渡辺編 : 1935].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

デジタル大辞泉「基盤」の解説

き‐ばん【基盤】

物事を成立させるための基礎となるもの。土台。「生活の基盤を固める」
[類語]基本根本大本基礎根底基幹基部基底大根根幹中心基軸基調もとい土台下地初歩いろはABC重要重点かなめ中軸枢軸主軸主体根幹中枢中核要石かなめいしキーストーン

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

七夕

旧暦 7月7日の夜に,天の川(→銀河系)の両岸にある牽牛星(ひこぼし。わし座のα星アルタイル)と織女星(おりひめ。こと座のα星ベガ)が年に一度相会するという伝説に基づいて,星をまつる行事。五節供の一つ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android