コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多通貨会計 たつうかかいけい

1件 の用語解説(多通貨会計の意味・用語解説を検索)

会計用語キーワード辞典の解説

多通貨会計

外貨建取引を取引発生時の外国通貨の額をもって記録し、各月末日等一定の時点において当該時点の直もの為替レートまたは合理的な基礎に基づいて算定された一定期間の平均レートでまとめて円貨に換算する会計処理方法です。外貨建債権債務および外国通貨の保有状況ならびに決済方法等から、外貨建取引について当該取引発生時の外国通貨により記録することが合理的であると認められる場合に適用されます。

出典|(株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

多通貨会計の関連キーワード外国為替相場為替相場外貨手形受取勘定建相場外貨資産外貨建社債為替差損益外国通貨建て通貨先物取引外貨建取引

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone