多通貨会計(読み)たつうかかいけい

会計用語キーワード辞典の解説

多通貨会計

外貨建取引を取引発生時の外国通貨の額をもって記録し、各月末日等一定の時点において当該時点の直もの為替レートまたは合理的な基礎に基づいて算定された一定期間の平均レートでまとめて円貨に換算する会計処理方法です。外貨建債権債務および外国通貨の保有状況ならびに決済方法等から、外貨建取引について当該取引発生時の外国通貨により記録することが合理的であると認められる場合に適用されます。

出典 (株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」会計用語キーワード辞典について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android