大名の下には久しく居るべからず(読み)たいめいのもとにはひさしくおるべからず

精選版 日本国語大辞典の解説

たいめい【大名】 の 下(もと)には久(ひさ)しく=居(お)るべからず[=居(お)り難(がた)し]

(「史記‐越世家」の「范蠡以為、大名之下難以久居」による) 名誉をきわめても、その地位に長くとどまるのは他人のねたみをうけてよくない、早く退(ひ)くのが賢明である。
※太平記(14C後)四「大名の下には久しく居るべからず、功成名遂けて身退くは天の道也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android