コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大名古屋ビルヂング だいなごやびるぢんぐ

1件 の用語解説(大名古屋ビルヂングの意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

大名古屋ビルヂング

JR名古屋駅の桜通口正面に位置していた三菱地所所有のオフィス兼商業ビル。敷地面積6782.73平方メートル、地上12階・地下4階建ての巨大ビルで、1965年5月11日に竣工した。建物自体はとりわけ特徴があるわけではないが、そのインパクトのある名称により、全国的に有名なビルとなっている。老朽化による建て替えにより、2012年9月30日をもって閉館した。新ビルは高さ180メートル、地上34階で、15年秋に完成予定。名称については、「継承を含めて検討中」となっている。

(2012-10-02)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大名古屋ビルヂングの関連キーワード関西本線清洲名古屋名古屋扇エスカ名東ジェイアール名古屋タカシマヤテルミナ名古屋駅麺通りJR名古屋高島屋

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大名古屋ビルヂングの関連情報