コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大宅 オオヤケ

デジタル大辞泉の解説

おお‐やけ〔おほ‐〕【大宅】

[名]大きな家。富裕な家。資産家。金持ち。
「また小林という―もあった」〈中野重治・梨の花〉
[形動]《近世語》富裕なさま。
「こなたは―な事でござれば」〈虎寛狂・米市

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おおや【大宅】

姓氏の一。

おおやけ【大宅】

宮殿などの大きな建築物。
金持ち。大家たいけ。 「こなたは-な事でござれば/狂言・米市 虎寛本

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

大宅の関連キーワードキャパになれなかったカメラマン/ベトナム戦争の語り部たちゆりかごの死/乳幼児突然死症候群(SIDS)の光と影あの戦争から遠く離れて/私につながる歴史をたどる旅チャイコフスキー・コンクール/ピアニストが聴く現代日本の陰謀/ハワイ・オアフ島大ストライキの光と影大仏破壊/バーミアン遺跡はなぜ破壊されたのかさよなら日本/絵本作家・八島太郎と光子の亡命森の回廊/ビルマ辺境民族開放区の一三○○日散るぞ悲しき/硫黄島総指揮官・栗林忠道エリザベート/ハプスブルク家最後の皇女木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか逆転/アメリカ支配下沖繩の陪審裁判逝かない身体/ALS的日常を生きる旅する巨人/宮本常一と渋沢敬三極限のなかの人間/極楽鳥の島カウントダウン・メルトダウンフィリッピーナを愛した男たち藤田嗣治 「異邦人」の生涯ルポ 外国人『隷属』労働者ホンダ神話/教祖のなき後で

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大宅の関連情報