小林(読み)コバヤシ

デジタル大辞泉の解説

こばやし【小林】[地名]

宮崎県南西部の市。霧島山北東麓にあり、畑作牧畜が行われる。平成18年(2006)に須木村と、平成22年(2010)に野尻町と合併。人口4.8万(2010)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こばやし【小林】

宮崎県南西部にある市。小林盆地にあり、近世まで薩摩藩領。畑作農業と酪農が盛ん。

こばやし【小林】

姓氏の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

こばやし【小林】

謡曲。四番目物。作者不詳。山名氏清の一族だった僧が山城国八幡で山名の遺臣に出会ったところ、小林上野介の霊がその男にのり移り、内野で勇戦した時のさまを物語る。廃曲

こばやし【小林】

宮崎県南西部の地名。古くは辺境守備の要地で、三ツ山(三之山)ともいった。大半を林野が占め、木材・肉用牛集散地。昭和二五年(一九五〇)市制。古名夷守(ひなもり)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の小林の言及

【御薗[村]】より

…宮川河口右岸に位置し,全域が伊勢平野に属する沖積低地で,北・東・南の三方を伊勢市に囲まれる。古くは伊勢神宮領の御厨(みくりや)や御薗が置かれた地で,大湊(現,伊勢市)一帯に設置されていた大塩屋御薗には小林(おはやし)など当村域も含まれ,製塩が行われていた。江戸時代は神宮領のほか幕府領もあり,寛永年間(1624‐44)には山田奉行の役宅が有滝(現,伊勢市)から小林に移された。…

※「小林」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

小林の関連情報