コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大将棋 だいしょうぎ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大将棋
だいしょうぎ

平安時代に遊ばれた古将棋の1つ。駒数 68枚で,奔車,飛龍猛虎,横行,鉄将,銅将,注人など珍しい駒が多い。 14世紀なかばまで存在したという記録はあるが,隆盛期は康治1 (1142) ~元久1 (1204) 年頃と推定される。現在ではほとんど指す人はいない。この平安時代の大将棋のほかに元禄9 (1696) 年に刊行された『諸象戯図式』によると,中将棋 (駒数 92枚) より一回り多い駒数 130枚が大将棋として記録されているが,実際に使われたかどうかは定かでない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の大将棋の言及

【将棋】より

…藤原明衡(あきひら)の《新猿楽記》(11世紀中ころ成立)にも将棋の語がある。12世紀初めころの編纂とされる歴史・習俗事典《二中歴》には〈将棋〉と〈大将棋〉が説明されている。これらは日本将棋の原型で〈将棋〉は9×9の升目の盤で現在の将棋から飛車と角行を除いたもの(図3),〈大将棋〉は13×13の升目の盤であり,双方の駒数合計は68枚13種類で,現在の将棋にない注人,奔車,飛竜,猛虎,横行,鉄将,銅将の駒がある(図4)。…

※「大将棋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大将棋の関連情報