コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

年頃 トシゴロ

デジタル大辞泉の解説

とし‐ごろ【年頃】

《古くは「としころ」》
外見から判断した、だいたいの年齢。年のころ。「年頃は四〇歳くらいの男性でした」
一人前の年齢。特に、女性の結婚するのにふさわしい年齢。妙齢。「長女が年頃を迎える」
そのことにふさわしい年齢。また、一般的にある傾向になりやすい年齢。「働き盛りの年頃」「悩みの多い年頃
ここ数年の間。年来。副詞的にも用いる。
「―彼の世話をしてきた藤井夫婦に取っては」〈漱石明暗

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

としごろ【年頃】

だいたい何歳ぐらいか、という年齢の程度。年のころ。 「 -は五十五、六であろうか」
(女性の)結婚に適する年齢。また、そういう年齢になっていること。適齢期。妙齢。 「 -の娘」
(上に修飾語を伴って)そうなる年齢。 「遊びたい-」 「反抗しがちな-」
[2] 幾年かの間。ここ数年の間。副詞的にも用いる。 「 -丹精して/当世書生気質 逍遥

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

年頃の関連キーワード箸が転んでもおかしい年頃鬼も十八番茶も出花宮古路薗八(3世)伝説のエンドーくん年恰好・年格好当世書生気質デビュタント生意気盛り翰林五鳳集しそう三尺年増盛り血気盛り悪戯盛り育ち盛り働き盛り馴れ睦ぶ鳥居清重高田宗賢幼気盛り桜井元茂

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

年頃の関連情報