コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大川端夕涼み

1件 の用語解説(大川端夕涼みの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

大川端夕涼み

江戸時代後期の浮世絵師、鳥居清長の錦絵(18世紀末)。夏の大川端(隅田川下流部)をそぞろ歩きする女性たちを描いたもの。重要文化財。平木浮世絵美術館所蔵。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大川端夕涼みの関連キーワード鳥居清次鳥居清澄闇牛斎円志鳥居清重(3代)鳥居清重(2代)鳥居清忠(2代)鳥居清春(初代)鳥居清春(2代)鳥居清満(2代)鳥居清元(2代)

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone