錦絵(読み)にしきえ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

錦絵
にしきえ

浮世用語。明和2 (1765) 年頃,鈴木春信が狂歌師巨川 (きょせん) ,莎鶏 (しゃけい) らの助言や彫師,摺師の助力を得て創始した華麗な木版の多色摺の浮世絵版画。春信は三原色主調に,中間色や複雑な色までも自由に用いる多色摺に成功。また用紙を上質の奉書に切替え,歌舞伎や遊里だけを扱っていた主題を広げて,江戸評判の美女や婦女子の日常生活や恋愛などを描いた。当時の人々は錦の美しさにたとえて東 (あずま) 錦絵と呼んだ。以後浮世絵版画はすべて錦絵の名で呼ばれるとともに,版画技法は最後の発展段階に到達し,鳥居清長,歌麿,写楽,歌川豊国,北斎,広重など,すぐれた絵師と彫師,摺師の協力で,主題と技法の幅を広げ,広く世に迎えられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

にしき‐え〔‐ヱ〕【錦絵】

多色刷りの浮世絵版画。明和2年(1765)絵師鈴木春信を中心に彫り師や摺(す)り師が協力して創始した、錦のように精緻(せいち)で美しい版画。浮世絵の代名詞ともなった。江戸絵。東(あずま)錦絵。→浮世絵

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

錦絵【にしきえ】

多色摺の浮世絵版画。1765年鈴木春信が中心となって,紅摺絵(べにずりえ)の技術を基礎にして多色摺版画を開発,その美しさから錦絵と呼ばれ,浮世絵隆盛の因となった。なお享保ごろ京都で流行した金襴(きんらん)などの小片をはりまぜて作った押絵も錦絵という。
→関連項目伊予柾紙奥村政信極印杉原紙橋口五葉平塚運一紅嫌い水野年方

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

にしきえ【錦絵】

浮世絵の多色摺り木版画の総称。1765年(明和2)俳諧を趣味とする江戸の趣味人の間で絵暦競作が流行,これに参加した浮世絵師鈴木春信(1725‐70)が彫師,摺師と協力して技術を開発,〈吾妻錦絵〉と名づけて商品化した。版木に刻み付けた見当(けんとう)を合わせて,多くの色を正確に摺り分け,錦のように華やかで美しいいろどりが加えられた。浮世絵木版画の加彩法としてはもっとも発達した最終段階のもので,〈江戸絵〉とも呼ばれた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

にしきえ【錦絵】

多色刷りにした浮世絵版画の称。1765年頃、俳諧師の間で流行した多色の絵暦に刺激されて鈴木春信が創始。絵師・彫り師・摺り師が協力して刷り出す精巧で華麗な木版画。江戸を中心に発展し明和期(1764~1772)以降の浮世絵はこの技法による。江戸絵。東錦絵あずまにしきえ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

錦絵
にしきえ

浮世絵版画の版様式。1765年(明和2)に江戸で大流行した絵暦(えごよみ)交換会を機に飛躍的に進歩した多色摺(ずり)木版画をさし、初期の三色程度の多色摺は紅摺絵(べにずりえ)とよんで区別する。錦のように美麗な絵の意味であるが、当時おもに上方(かみがた)で押し絵を錦絵とよんでいたことから、それと区別し対抗する意図で東(あずま)(吾妻)錦絵と命名されたらしい。まもなく単に錦絵ともよばれるようになった。錦絵は、下絵を描く絵師と、彫師、摺師、版元、さらに好事家(こうずか)の協力による所産であるが、絵師では鈴木春信(はるのぶ)がもっとも深く関与し貢献したため、彼を創始者とすることもある。以後、その優れた色彩美と表現力によって急速に発展普及し、1780年(安永9)ごろ以降は錦絵以外の浮世絵版画はほとんど制作されなくなり、江戸後期から明治期には、浮世絵版画と錦絵はほぼ同意語となった。技法上も種々の改良やくふうが加えられて、19世紀に入ると数十色もの色版を使ったものも現れて、幕末にはその極限に達した。[浅野秀剛]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の錦絵の言及

【浮世絵】より

…有名人の死没の直後にその肖像を描き,生前の事跡や辞世の和歌や句を記して追悼の意を表した死絵(しにえ),安政2年(1855)の大地震の直後に表れた鯰絵(なまずえ),あるいは開港後の新開地横浜の様子を伝える横浜絵などは,そうしたニュース性を強く織り込んだ浮世絵版画の例である。明治年間に入って一時期盛行した彩色摺の絵入り新聞すなわち〈錦絵新聞〉なども,浮世絵が本来備えていた時事報道の機能を,時代の要請に応えて一段と強化し,発揮させたものにほかならなかった。
【形式】
 浮世絵の主たる表現形式は終始木版画であり,肉筆画は従の関係にあった。…

【江戸時代美術】より


[美術の大衆化]
 同じころ江戸では,師宣にはじまる浮世絵が,墨摺りの手法を《芥子園画伝》の挿図に見るような中国の色刷り手法をヒントに彩色版画の方向へと発展させる。それは手彩色による丹絵(たんえ)から漆絵を経て紅摺(べにずり)絵へと進み,明和年間(1764‐72)鈴木春信によって錦絵が考案された。優美な王朝やまと絵の世界を江戸市民の日常生活の中に見立てた春信の錦絵によって浮世絵版画の芸術性は高まり,江戸浮世絵界は天明から寛政(1781‐1801)にかけて,鳥居清長,喜多川歌麿,東洲斎写楽らを輩出して黄金時代を迎えた。…

【報道写真】より

… 画像による伝達と言語による伝達は互いに機能特性が異なり,そのため古くから言語を補う意味で,新聞などの印刷媒体には挿絵(イラストレーション)が利用されていた。1872年(明治5)に発刊した日刊紙《東京日日新聞》でも錦絵が使われていたという。この時点ではすでに写真は実用化していたのだから,その新聞への利用も当然考えられることであったが,写真が大量印刷で使用されるようになるのはずっと遅れて,20世紀初頭になってからである。…

※「錦絵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

錦絵の関連情報