大皿(読み)おおざら

デジタル大辞泉プラスの解説

大皿

けん玉の技のひとつ。玉を下にたらした状態からまっすぐ引き上げて大皿に乗せる基本的な技。2000年、日本けん玉協会により「けん玉の技百選」に選定。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

おお‐ざら おほ‥【大皿】

〘名〙 大型の皿。⇔小皿。〔羅葡日辞書(1595)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の大皿の言及

【皿】より

…今日,〈皿〉と書く場合はおもに陶磁器を指し,木製品や金属製品に対しては〈盤〉も使われる。英語では大皿をプレートplate,小皿をディッシュdish,大型平皿をプラッターplatter,受皿をソーサーsaucer,灰皿や盆などをトレーtrayと呼んで区別している。 皿の起源は明確ではないが,食器として主要な役割を担うようになるのは比較的新しく,日本では奈良時代以降のことである。…

※「大皿」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大皿の関連情報